縮毛矯正の施術後はシャンプーしないほうがいいい?


縮毛矯正の後はシャンプーしないほうがいいとか、帽子などかぶらない、耳にかけないほうがいい・・・・などなど。
これはシャンプーする、しないという問題ではなく濡れた髪の毛を乾かすことのほうに問題があるのです。
シャンプーしたり濡らしたりということでストレートがとれるようであればそれはもう失敗でしょう。
縮毛矯正に限らずパーマというものは2液で形を固定しても完全に結合されておらず100%元の髪の状態ではありません。
残りの結合は空気と酸化することで完全に近づいていきます。
このため念のため2日間(48時間)シャンプーしないで、濡らさないでといった注意事項がある場合もあります。
塗れた髪を半乾きの状態、乾いているつもりでも髪の芯が乾いていない、熱で髪の毛が温かい状態などで寝られると寝癖がひどいことになります。
このまま朝まで寝癖を長時間つけておくと寝癖のまま酸化が進み、変な跡が残る場合があります。
ですので耳にかけたり、帽子をかぶったりと長時間、髪に癖をつけたまま放置するのはよくありまえせん。
(必ず癖がつくということでもありませんが念のためです)
たまに「じゃあ、顔を洗う時は?お風呂の時は?」なんて爆弾を抱えた感じになってしまう方も見えますが
全然シャンプーしても寝れても問題ありませんので安心してください。
但しそのあとの乾かし方、ブローなどは気を付けてください。


戻る