脱毛、薄毛について

Q.髪の薄さについて
通常はひとつの毛穴から3〜4本の毛が生えています。これが年をとるにつれ1,2本になって徐々に少なくなっていき薄くなります。
もちろん髪の毛自体の太さも細くなってくることにより薄く感じます。
Q.性ホルモンについて 
髪に一番関係の深い性ホルモンですが、頭毛の関しては女性ホルモン、体毛に関しては男性ホルモンが躍進的にはたらくといわれています。産後の脱毛に関しては妊娠すると女性ホルモンが増え、髪の活動期が伸ばされ脱毛数が減り、出産後元に戻っ た時にいっせいに休止期に入ってしまうので一度に脱毛が増える場合が良くあります。
Q.分け目の薄さについて
同じ分け目でいたり前髪を同じところでつくるとどうしても薄くなっていきます。ただこれは数十年間同じだった場合なのですぐに気にすることではありません。 それと同じところで分けると毛の生え方も分け目と同じようになってくるのでボリュームが出ないため、少な くなったように感じる場合もあります。
Q.頭皮としわの関係について
人間は老化するにしたがってどうしてもしわができてしまいます。乾燥や皮膚がたるんでこうなるわけですがここで考えてほしいのが顔の皮膚と頭皮というのはつながっていて同じ皮膚なのです。
顔にしわがよるということは頭頂部のところから皮膚が伸びていきそれが徐々に下に下りてくるのです。
しわが増えていく場合、まずおでこ、目じりの小じわから頬→口元→首という順番にきます。このことから普段からシャンプー剤はいいものを使ってまず頭皮からたるませないようにするのも大事ですね。
Q.脱毛の遺伝について
通常は女性は脱毛しません。女性にも脱毛する遺伝子は存在するのですが女性ホルモンが多く脱毛しにくくなっています。ちなみに更年期を境に女性ホルモンの分泌が少なくなってくると男性ホルモン量が多くなり、女性で も薄毛になりやすくなってきます。そしてこの遺伝子は男子の子孫に引き継がれていきます。 男性の場合の確率を表記してみました。祖父、祖母から受け継いだ脱毛する遺伝子を「O」、脱毛しない遺伝子 を「X」とした場合

男性の場合ですが

 A. 父親OO   母親OX  =  100%脱毛 

 B. 父親OO   母親XX  =  100%脱毛

 C. 父親OX   母親OX  =  70%脱毛

 D. 父親OX   母親XX  =  50%脱毛

 E. 父親XX   母親XX  =  脱毛しない

父親が脱毛だった場合と母親の祖父が脱毛している場合はかなりの確率で脱毛しやすいそうです

ただEの場合で遺伝による脱毛がない場合でもストレスや病気による脱毛はあります。


戻る